11億人が使う中国のLINE「WeChat」が凄い!アプリの機能やLINEとの違いは?

wechat-banner

どうも皆さん、こんにちはこんばんはHIROTOです!

今回は、中国で最も人気のチャットアプリ「WeChat」を紹介したいと思います!

日本で最も人気のチャットアプリといえば「LINE」です。アメリカだとFacebookのMessengerWhatsApp、韓国ではカカオトークなどがありますが、中国ではWeChat (ウィーチャット)が最も人気のメッセージアプリです

WeChatってなに

WeChat (ウィーチャット) は中国最大のゲーム会社tencent(テンセント)が提供しているコミュニケーションアプリで、日本ではLINEが主要ですが、WeChatはその中国版というイメージです。

tencent-wechathttps://www.chinainternetwatch.com/

2011年から中国で運営を始めましたそうです。ちなみに中国ではWeChatのことを微信(weixin)と言い、僕がいつも動画で買い物の決済をする時に、微信、微信と言っていますが、それがWeChatのことです。

↑中国・深センにある世界最大の電子街「華強北」での動画

WeChatはサービス開始から急激にユーザー数を伸ばし、今では11億人以上のユーザーが使っている怪物的なアプリです。*参考までにLINEのユーザー数が、約8000万人なので、LINEユーザー数の10倍以上!!

ちなみに中国国内のスマホユーザーの約9割が、WeChatに登録していると言われているので、そりゃユーザー数も多いわけですw 恐るべし中国の人口。。

WeChatのユーザー数を伸ばしている理由は、英語や日本語を始め、アラビア語やトルコ語など20カ国以上の言語に対応していて、200カ国以上のユーザーに使われているのが大きい理由。

確かに、中国の電子街や市場に行くと、世界中から各国の人で賑わっているので、WeChatがマルチ言語に対応してると外国人にとってはかなり便利!

またWeChatは電子決済機能があり、同じ中華圏の香港や台湾はもちろん、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアといった東南アジア諸国、米国や中東各国でも利用できるようになってきています。日本でも、コンビニや飲食店、薬局など(中国人が観光で訪れそうな場所はほとんど)で、中華系の決済(WeChatAliPayなど)で支払える場所が増えてきてますよね。

WeChat決済https://k-tai.watch.impress.co.jp/

WeChatでできること (機能)

メッセージ機能

WeChatの基本的な機能は、LINEと同じくメッセージの送受信、無料通話、写真や動画の送受信といったチャット機能です。

日本ではあまり利用されていませんが、中国では音声によるボイスメッセージで会話をする人も多いです。実際に中国へ行かれた方は知っているかもしれませんが、中国でタクシーに乗ると運転手が、家族や友人と音声メッセージでずっと話しています。不意に目的地の質問をされると、僕に質問しているのか誰かと会話をしているのか、惑わされることが多々w

モーメンツ機能

WeChatには「モーメンツ機能」があります。LINEで言うとタイムライン機能で、Facebookだとフィード機能のように、友達の投稿が一覧となってみることができます。僕はあまり使っていませんが、友達は結構使っている人がいるので、LINEのタイムラインよりは使われている感じです。

電子決済機能(WeChat Pay)

先ほどもチラッと言いましたが、WeChatにはWeChat PayというQRコード決済機能が付いていて、自分の銀行口座をWeChatに登録することで利用できます。LINEQR決済と同じような機能ですが、WeChatは対応している場所や店・国が多いので、どこでも決済可能だし、海外へ旅行をした際はかなり便利です。

*ただし、外国人がWeChat Payを海外で使うことはできません。WeChatに中華人民共和国居民身分証を登録しないと海外での利用できない仕組みになっています。

もちろん外国人でも中国国内での支払いは問題なく利用できます。(外国人がWeChat Payを利用するには、中国現地の電話番号と中国の銀行口座を開設する必要があるので、少し手間はかかりますが、旅行者でも登録し利用することができます。)

現地では、スーパーや飲食店、公共料金の支払いはもちろん、屋台などごく小さな店舗でも支払いが可能なため、多くの場面でWeChat Payが活用されています。

この前、僕が深センの街を歩いていた時、ホームレスの方も決済用のQRコードを持ってお金を集めていました。時代の進化を感じさせられましたw

そのくらいキャッシュレスが進んでいる国ということがわかります。

ミニプログラム

ミニプログラムとは、WeChat内で動かせる、ダウンロード不要のアプリのことです。これがかなり便利。

WeChatのアプリ内にあるApp Storeからアプリを追加しているので、デバイスの容量を圧迫せず、インストールの手間も省け、全ての操作をWeChat内で完結させられるのが魅力です。

ミニプログラム「アプリ内のアプリ」は日本では、ミニアプリと言われていて、ショッピングアプリ、乗換案内、簡易ゲームなどの普段使っているアプリを、WeChatのアプリ内で全て完結することができるという便利な機能です。

今後はスマホにWeChatのアプリひとつで全てが完結できるかもしれないです!

出会い系機能

WeChatには友達を追加する「フレンドレーダー」機能というものがあります。

フレンドレーダー機能は、その時近くでをしている人とマッチングしてくれる機能で、出会系アプリのような機能です。

自分の近くにいる他のユーザーと繋がってチャットが楽しめるので、この機能は中国でも人気の一つです。

ただし、夜になると風俗の勧誘や売春婦としか繋がれなかったりするので、あまり使わないほうがいいのが現実w

とにかく、プロフィール画像が綺麗めで可愛い子は要注意。(どこの国でもw

位置シェアリング機能

僕がWeChatで一番おすすめする機能がこちらです!

これはWeChatのチャット内にある機能ですが、

例えば、LINEだと相手に現在地を教える時、チャット内の位置情報から現住所を送ったことはあるかと思います。

もちろんWeChatでも、現在地の住所を相手に送ることもできるのですが、もう一つ機能があり、相手と位置をシェアすることができます。

位置シェアリング wechat

この機能により、お互いの現在地を共有しライブで確認することができます!

実際のライブ画面がこちら↓

位置シェアリング機能で相手がどこにいるのかすぐに把握できるので、待ち合わせの時とか、ほんまに便利!!

LINEにもこの機能を入れて欲しい。。

WeChatLINEとの違いとは?

既読がつかないこと

WeChatは既読機能がありません。それが良いのか悪いのかは人それぞれですが、個人的には気軽にメッセージが送れる。

モーメンツ(タイムライン)の表示

LINEは設定によりタイムラインに友達以外の「いいね」も表示される場合があります。

WeChatは「いいね」も「コメント」も共通の友達からのものしか表示されないのが特徴。

出会い系機能

出会い系機能」はLINEにはない機能です。

勘違いかもしれないですけど、数年前のLINEにもこの機能があったような気が・・

チャット内で好きな言語に翻訳

LINEで翻訳する場合は翻訳アカウントを含めたグループトークを作る必要がありますが、WeChatではメッセージを長押しすれば好きな言語に「翻訳」してくれます。これがかなり便利w

ステッカー

WeChatのステッカーはLINEでいうスタンプにあたります。

LINEでは無料スタンプをいろいろ使おうと思うと、商用アカウントの友だち追加でたくさん宣伝メッセージが来るようになりますが、WeChatは商用アカウントの友達追加なしで利用できる無料ステッカーが多いです。

またLINEとは違ってオリジナルのステッカーも簡単に作成・追加できるのでそれでも楽しめます。

ということで、

今回は、中国最大のチャットアプリ「WeChat」の紹介をしました!

WeChatは中国市場マーケティングには欠かせない生活の一部となっています。

中国旅行へ行かれる方やお仕事でも行かれる方も是非使ってみてはいかがでしょうか!

ってかそもそも中国ではLINE, Facebook, TwitterなどのSNSサービスが全て使えないので、中国に行くなら絶対に使うべきです!w

ほな!

WeChatのダウンロードはこちら↓

ダウンロードはこちらから→ WeChat 公式サイト